礼拝について

礼拝について

ムスリムは1日5回の礼拝が義務づけられており、それはたとえ旅行中であっても変わりません。夜明け前の礼拝、昼の礼拝、午後の礼拝、日の入りの礼拝、夜の礼拝と5回ですが、旅行者であれば下記のような礼拝スケジュールで対応することが可能です。

通常の礼拝

※出先のモスク、観光施設、ショッピングモール、駅、飲食店などで礼拝をすることができれば、一日の旅程はスムーズに進みます。
※宿泊施設内ではキブラの設置や、礼拝時間表、礼拝用備品などの貸し出しサービスがあると便利です。


礼拝時刻表

KOBE Fajr Sun rise Dhuhr Asr Magrib Isha
22. July 2.52 4.38 11.51 3.43 7.02 8.42
23.July 2.53 4.39 11.52 3.44 7.01 8.41
24.July 2.54 4.39 11.52 3.44 7.01 8.41

設備について

飲食店での具体的な声

礼拝前にお手洗いを利用した際に、身体を洗浄するため身体に付着した汚物を水で洗い流す行為を「イスティンジャ」と言います。これは、ムスリムの習慣では必ず行うものです。
※お尻洗浄機が設置されていると便利ですが、ない場合はジョウロなどでも代用できます。
※初めてお尻洗浄機を使用する人が多いので、使用方法の説明書が掲出してあると便利です。

イスティンジャ用(洗浄設備例)

イスティンジャ用(洗浄設備例)
 ウドゥ(小浄)

ムスリムは礼拝の前に、身体を清める行為をします。このことを「ウドゥ」をするといいます。体の各部位を手、口、鼻、顔、腕、髪、耳、足の順に、決まった回数洗浄します。その際には洗面所など水が使える施設が必要です。もしくは専用の施設があると良いでしょう。

聖典クルアーンにある「おもてなし」について

※水が使用できること (ぬるま湯か、温水が使用できると冬場に良いです)。
※専用蛇口を設置する場合は、水が地面にあたって跳ね返らないか、蛇口の高さや、
 いすの高さも考慮した上で設計すると良いです。
※サンダルがあると良いです(洗浄の後は足がぬれており、すぐに靴をはけないため)。
※タオル・ペーパータオルがあると良いです。
※足拭きマットがあると良いです。
※男女別であると良いです。

イメージ

ウドゥ施設例

ウドゥ施設例

礼拝に関するムスリム対応例

礼拝所例

礼拝所例
礼拝所例

礼拝所サイネージの例

礼拝所サイネージの例
礼拝所サイネージの例
礼拝所サイネージの例

サイネージに関する留意点

※その施設の使用目的が明確であること、礼拝所であることがはっきり分かること。
※最低限英語で表示をしていること。また、アラビア語、マレー語などで表示する、
 もしくは3言語とも記載すると尚良いです。


キブラ設置について

キブラとは、サウジアラビア・メッカにあるカアバ神殿の場所です。ムスリムの礼拝は必ずこの方角を向いて行うことを義務づけられているため、いかなる場所でも、この方角を探して礼拝をします。キブラが全く分からない場合でも、できる限りキブラを探す努力をすることが推奨されています。


キブラ設置に際する留意点

※キブラの設置は正確性を問われるため、基本的にキブラの確認方法の知識がある方、もしくはムスリムが設置すると良いです。
※キブラコンパスやスマートフォンでの設置は不正確であるため、太陽の動きと影で確認する方法が推奨されます。

キブラ設置例

キブラ設置例 キブラ設置例

女性用礼拝着 例

女性用礼拝着 例